講師紹介

下条 直樹

下条 直樹

千葉大附属病院 アレルギーセンター客員教授 、予防医学センター特任教授  

食物アレルギーは小さな子どもに発症することが多く、お母さんがたも適切な情報と助言が得られないことも少なくないようです。 この問題解決のためには医師だけでは不十分で、栄養士さん、保母さん、保健師さん、先生方など、お子さんと関わる職種のかたに広く支援をいただく必要があります。 千葉県にはまだ食物アレルギーについて詳しい栄養士さんが少ないともいわれています。皆さんの参加をお待ちしています。

森田 慶紀

森田 慶紀

イムス記念病院 小児科  

近年、食物アレルギーは増えてきており、小児にかかわる現場では正しい食物アレルギーの知識と対応がますます重要になると考えられます。 一方で、小児の食物アレルギーは乳児期、幼児期、学童期とわけると、年代毎で特徴が異なります。今回のお話ではこれら基本的な食物アレルギーの知識の整理を行い、皆さんの役に立てればと思います。

井上 祐三朗

井上 祐三朗

千葉大学大学院医学研究院総合医科学  特任講師

食物アレルギーの臨床(総論)を担当いたします。診療ガイドラインなどの普及により、多くの患者さんが質の高い診療を受けられるようになってきました。食物アレルギー診療の基本となる、診断や治療方針の決め方について、分かりやすくお話ししたいと思います。

鈴木 修一

鈴木 修一

国立病院機構 下志津病院 小児科・アレルギー科  

最近、食物アレルギーの診療状況が徐々に変わってきています。社会での認識が高まってきてはいるものの、現場では戸惑いもあるようです。患者さんや保護者の方々との関わりの中で、アレルギーの発症予防や早期寛解、QOLの向上を目指しております。 短い時間ではありますが、これからの食生活に役立つよう、食物アレルギーに関する理解を楽しく深めていただけることを願っております。

山出 晶子

山出 晶子

国立病院機構下志津病院小児科  医長

食物アレルギーの原因食物はさまざまですが、食物によって、アレルギーを発症しやすい年齢、治りやすさ、検査結果と実際の症状との関係などが異なり、それぞれ特徴があります。また、加熱すると症状が出にくくなる食物、原料が同じでも加工品の種類によって症状の出やすさが大きく変わる食物などもあります。 それぞれの食物について知ることで、より良い治療、より良い生活を目指していければ良いですね。 食物アレルギーに関わる皆さんのために、今回のお話しが少しでもお役に立てればと思います。

山出 史也

山出 史也

国際医療福祉大学成田病院 准教授/千葉大学医学部附属病院 特任講師  

アトピー素因(アレルギーになりやすい体質)があると、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、気管支喘息やアレルギー性鼻炎などを順番に発症してくることがあります(「アレルギーマーチ」と表現します)。この講座では「アレルギーマーチ」の後半、幼児期から思春期にかけて発症する気管支喘息やアレルギー性鼻炎についてお話しします。気管支喘息やアレルギー性鼻炎はお子さんやご家族のQOLに大きな影響を与えますが、適切な管理や治療によって症状が改善し、より快適な生活が送れるようになります。また、テキストの内容に加えて、私たちの臨床研究でわかってきたことについてもお話ししたいと思います。

原 正美

原 正美

昭和女子大学大学院  健康科学研究所 京都光華女子大学 教授  

食物アレルギーのお食事作りで日々ご苦労されていらっしゃる給食関係者や保護者の方のお役に立つ、具体的な情報提供を心がけております。 離乳食、幼児食、学校給食、病院給食など様々な場面、施設での栄養バランス、献立作成やレシピ提案、食物アレルゲンを含む大量調理用加工食品、調理方法等の講義や実習を通して、食物アレルギー児の食生活を一緒に考え直してみましょう。 まずは実践あるのみです。

若林 あや子

若林 あや子

日本医科大学 微生物学 免疫学教室  講師

食物アレルギーの誘導や発症には、からだの様々な細胞が関与していると考えられています。アレルギー大学では、我々が食べている食べ物について、またその食べ物の成分がどのようにからだの中に入るか、そして食べ物がからだの中に入った後に起こること、などについて、現在考えられている知見に基づき、わかりやすく説明します。 食物アレルギーとは何か、どのようなことがからだの中で起こっているのか理解を深め、その対策や対応について、受講者の皆様と一緒に考えていきたいと思います。

齊藤 千晶

齊藤 千晶

岩田こどもクリニック 看護師  小児アレルギーエデュケーター アレルギー疾患療養指導士

子どものアレルギーは、成長に伴い自己管理の主体が保護者から本人へと移行します。アレルギーがあっても友達と一緒に安全な社会生活を送るためには、周囲の理解と協力だけではなく、本人がアレルギーを正しく理解して自己管理できることがとても大切です。アレルギーをもつ子どもと家族がどのような気持ちなのか、その子らし生活するためにはどのような支援が必要か、皆様と一緒に考えていきたいと思っています。

妹尾 真佑

妹尾 真佑

下志津病院 栄養管理室  主任栄養士  

食物アレルギーで悩んでいるお子さんや保護者の方に、正しい情報提供と、少しでも不安の解消ができるように診療に携わらせていただいています。病院給食という大量且つ多食種を調理するなかで実際に行っている工夫点などを通して、みなさんと一緒に考えを深めて行ければと思います。

桐谷 利惠

桐谷 利惠

NPO法人千葉アレルギーネットワーク  副理事長

 アレルギー児の受け入れでは、アレルギー児を受け入れるための準備や保護者とのコミュニケ―ション、クラス運営や周囲のこどもへの理解、誤配膳の防止などを学びます。東日本大地震では千葉県も災害救助法が適用されました。お子さんを学校や園で預かっている時間に災害が起きたら、避難所の運営はどうしたら良いのか実習で実際に学んでみましょう。

ページの先頭へ